しょこの幸せダイエット

怠けてだらけて太ったけど25㎏も痩せられた人のダイエットメモ

ダイエットの目標体重は低くしすぎると危険!その理由とは?

f:id:harucu_te:20200703155104p:plain

(* ´ェ` )ノもぃ


突然ですがあなたは「痩せよう!」と決意してまず何を目標としますか?

恐らく目標体重を設定することなんじゃないかと思います。

 いきなり「この服着たいからモデルみたいになろう」にはならず、「この服が着たいから5㎏落とそう!」と言った感じです。

 

実はこの発想が、あなた自身を追い詰めてしまう危険性があるのです。

痩せたいからと数字ばかり減らしてしまうと返って逆効果に!

今回は自分の体を健康的にしたいなら気にして欲しい数字のお話です!良かったら最後までご覧ください❁

 

 

痩せるなら数字に執着しない

f:id:harucu_te:20200703155126p:plain

あなたはダイエットで痩せている判断を何でしていますか?

体重計の数字でしょうか?

 

確かに「数字が低くなれば痩せている!」って思いますよね。

でも以前ブログで「脂肪と筋肉の比率で体重と見た目は大きく変わる」と紹介しました。

harucu-te.hatenablog.com

 

つまり何で痩せたかの判断基準は“見た目”で決めた方が良いんですね!

数字を気にするのであれば体の周囲の数字を記録していくといいです◎

 

体重と言うのはたった一日で変動します。

しない日も稀にありますが、体の浮腫みだけでも数字は変わりますし、前日の食事だけでも変わってしまうのです。

毎日測定して数字ばかり追っては心が壊れてきてしまいます…。

 

 

ダイエットの目標数字は低ければ良い訳では無い

f:id:harucu_te:20200703155137p:plain

痩せたいからと言って、とにかく体重、体脂肪、BMIの数値を低く見積もって行うのは非常に危険です!

BMIとは肥満指数を表す数字です。低ければ肥満とはなりませんが、18.5以下になると痩せすぎで体が悲鳴を上げてしまいます。

 

BMI18.5以下を目指すとなると、女性の場合生理が止まってしまう恐れがあります。

女性として生きているのであれば、生理を止めて不健康になってまで痩せたいと思いますか?

 

BMI指数でダイエットに励むのであれば、標準範囲である18.5~25未満を目指してください。

痩せ寄りの標準であると20~22付近で、程よく健康的に見えるのが23あたりです。

 

女性らしさを出す分、脂肪はある程度必要になるので、減らしすぎては体にとって負担が大きくなると覚えておきましょう。

 

☟BMIの計算はこちらから出来ますよ!

keisan.casio.jp

 

 

どうしてダイエットをするのか

f:id:harucu_te:20200703155116p:plain

ダイエットを始める時、何がきっかけとなって痩せるのかを今一度考えなおしてみるのも良いですよ。

 

「振られたから見返してやりたい」

「太りすぎたのが嫌だ」

「綺麗になりたいから」

色んな理由が出てくると思います。

 

ここで気づいて欲しいのは『自分のための目標に繋がっているか』なんです!

 

ダイエットとは『食生活を正し、健康的な生活が出来るようになる』という意味があります。

「なんで私はダイエットをしたいんだろう?」と自分に問いかけてみてください。

痩せても太っていてもあなたはあなたなんです。

 

ダイエットするなら執念でやるよりも、自分を健康にしたいと言う気持ちで行いたいですよね❁

 

 

理想は自分が健康であること!

f:id:harucu_te:20200703155132p:plain

痩せすぎて不健康になって…そこまでしないとあなたのダイエットは終わらないのでしょうか?よーく考えてみてください。

それはおかしな話だと思いませんか?

 

自分の人生の中で一番健康体で居られることが一番理想的じゃないですか?

ダイエットと言うのはそのためにあるんです。

誰もが痩せて不健康になってしまったらこの世は病人だらけになってしまいます!

それってどこかおかしいですよね。

 

肥満のままでは健康とは言えません。

標準体型になり、病気にならず、毎日が楽しく過ごせる…そんな生活を目指して取り組んでみてください❁

 

 

ストレスになるなら数字は見ないに限る

f:id:harucu_te:20200703155121p:plain

毎朝体重計に乗って数字にイライラしたりするようなら、あえて体重計には乗らないのも一つの方法です。

イライラに繋がるのはストレスを感じているのと一緒です。

痩せようと数字追いするのは心にも体にもよくありません。

 

体重とは体のあらゆる組織すべての重さが表示されるので、浮腫みだって勿論反映されます。

そのことで一喜一憂していては心が疲れてしまいますよ。

 

大切なのは見た目です。

見た目を追求しながら痩せたいのであれば、着こなしたい洋服を何点か用意して、日々運動や食事管理をして行うのがやりやすいですよ◎

 

着こなせるようになった時があなたのゴールなんです。

「ここももう少し引き締めたいな…」と感じるならプラスで筋トレを加えて引き締めるでもOKです!

 

数字は目安と分かっていても、目視でストレスに繋がるなら無理して測る必要なんて無いと思います。

“その日の自分のコンディション”として体重計を使うのなら構わないですよ◎

 

どうして見た目にこだわるべきなのか

f:id:harucu_te:20200703155111p:plain

数字が大きいから太っているとは限らないのです。

何故なら筋肉と脂肪は全く違うから!

 

同じ100gの赤身だけのステーキ肉と、脂身だけのステーキ肉を並べると、脂身だけの肉のほうが一回りほど大きく見えます。

これは、同じ重さの肉でも「密度」が異なるためです。

筋肉は脂肪よりも密度が高く、重量あたりの体積は小さくなります。

体積が小さければ、同じ重さでも小さく見えるのです。

人の体に置き換えてみても、それは同じ。

同じ体重でも、筋肉が少なくて脂肪が多い人より、脂肪が少なくて筋肉が多い人のほうが引き締まって見えます。

筋肉と脂肪は重さが違う?ダイエットは体重より体脂肪率が重要 より引用

 

お肉売り場に並んでいるものをイメージしてみましょう。

脂身が多い部分と赤身が多い部分ではどちらが締まって見えるか一目瞭然ですよね。

 

体を引き締めて行く過程で体重の数字とはあまり当てにならないのです。

 

おわりに…

f:id:harucu_te:20200703155510p:plain

いかがでしたか?数字が低ければスタイルが良いとは限りません。

筋肉は脂肪よりも小さいですがその分重さもあります。

 

なのでいくら数字が大きくても一概に太っているとの判断は出来ませんし、見た目の印象がスリムであれば体重の数字なんて重要ではないですよね。

 

低ければ綺麗に見えるのは間違っています。

低すぎて綺麗ならば、ガリガリな方はものすごく綺麗な人になってしまうからです。

そんなことありませんよね。

程よく引き締まった筋肉と程よい脂肪があってこそ健康美が出来上がります。

 

今回の記事でダイエットの認識を改めてくれると嬉しいです!

ぜひ健康的で綺麗な人を目指しましょうね!

 

あなたのお役に立てたら幸いです❁

お問い合わせ プライバシーポリシー
©2019‐2020 しょこの幸せダイエット
ブログランキング・にほんブログ村へ